The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
これが私たちの武器だ。【sampei】
久しぶりに、暫く会っていない、暫く会う事ができなくなってしまった友人のバンドのCDを聴いてみた。
彼のステージを最後に観たのはだいぶ前になるけど、本当に良いライブだった。
これからの彼らの可能性を予感させるような内容だった。

けれども、そのライブを最後に彼らは活動を止めてしまっている。

いつまで続くとか、いつになったら終わるとか、そんな事はそのときにならないと分からない。

いつまでも続くような予感がしても、一瞬で終わってしまう事も。

長くは続かないだろうなんて思っていたら、いつまでもいつまでも続いていくような事も。

何もバンドに関してだけではない。

僕も正直、こんなに長くドラムを、バンドを続けるなんて、ドラムを始めたころには予想していなかった。
もちろん、そうなってくれる事は望んでいたけれど。

昔、最初にドラムを習っていた先生に

「一生ドラムを叩くつもりで練習しなさい。」

と、言われた事がある。

もしも環境が変わって、バンドを中心とした生活ができなくなってしまったとしても、自分でドラムを叩きたいと思えば叩く事はできるし、一生ドラムに触れる事はできるというのだ。

上手いとか、下手くそとか、関係なく、今、自分はドラムを叩いているという事実があるのだから、その能力を、可能性を伸ばすつもりで練習に励みなさいと言われたのだ。

「いつか終わるだろう」

なんて事を考えながら何かに打ち込むなんてできない。

「その一瞬の、その瞬間の為」

と思って打ち込む事もできるかもしれない。

だけどそれは、そこで終わりではなく、次の「その一瞬の、その瞬間の為」に繋がるからなのではと思う。

「今が楽しければいい」と「今を楽しむ」

では、だいぶ意味も変わってくると思う。

幸いにも僕は、以前と変わらず、バンドを中心とした、THE JOHN'S GUERRILLAを中心とした人生を続ける事ができている。

生まれて初めてドラムを叩いてから10年間くらい経つけど、ドラムを叩くのは今が一番楽しいよ。

とりあえず、例の彼といつか無事に再開する事ができたら、貸してあるお金でたくさんお酒を奢ってもらうぜ!!

c0181418_235533.jpg

[PR]
by emm_tjg | 2012-09-23 00:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/18483013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]