The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
見るまえに跳べ
4/15日曜日 渋谷AXにて

a flood of circleの

ワンマンツアーファイナル公演を

見に行って参りました。



チケット完売と言う事で、

会場はお客さんでギッシリ!!

18時過ぎに演奏が開始され、

アンコールも含め20時には終演、

あっという間の2時間でございました。



過去、afocのワンマンライブには

足を運んでいるのですが、

今回のAX公演は、

今までのワンマンとは比べものにならないほどの

意気込みがヒシヒシと感じられました。



メンバー全員の「決意」の姿勢は

1.500人のオーディエンスを

完全に虜にしていました。

私もその一人であります。

アンコールの最後に「シーガル」を

演奏した時、オーディエンスの

歓声と一斉にジャンプする光景は、

物凄い印象に残っています。



正直、CDをリリースして

それが売れたからと言って、

AXワンマンは出来ません。

出来たとしても、ここまでの

感動は起こせないでしょう。

これは険しい道を突き進んできた、

賜物だと私なりに解釈しております。



afocはこれからも我が道を進んで行きます。

その都度、私もその雄姿を確認していこうと思います。


[PR]
by emm_tjg | 2012-04-17 16:39 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/17836667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スナ at 2012-04-21 22:40 x
私もこのライブ見に行きました。本当にあっという間の2時間でしたね。
ちなみに今年に入ってからフラッド⇒ジョンズさん⇒フラッドという順番で見ているので(地元以外)、私の中で次に見るのはジョンズさんです。
待ってますね☆
Commented by 石井 at 2012-04-23 01:24 x
スナさん>
いや、本当に良いライブでしたね‼
何か励まされた気がします。
とにかく頑張りましょう‼