The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
音楽について バンドについて 今村 怜央





『音楽のすばらしいとこは、何も見えない、触れないのに、人の感情や大切なものをつき動かすから。』




『ジャマイカにきなよー、ここは音楽で政治が変わる国だよー?』




『例え、意味がわからなかろうが、なかろうが、楽しめるのは音楽だけじゃないか?』




音楽について、今年にはいって、音楽にまったく関係ない人や友人が、なんとなく言ってたこれらの印象に残った言葉










あなたは




音楽の何が好きで、




なぜ音楽が好きなのか考えたことがありますか?




音楽とは何か、




バンドとは何か、




音とは何かを勝手に書いていこうと思う。




解散するバンドも多い昨今。




なんとなく、自分勝手に整理がてら、書いていきたいと思う。










第1章音楽とは?




〔これは僕の持論なので、例外はもちろんあるはずなのでよろしく〕




音楽とは、音の連続のことだ。




音楽とは、音のつながりだ。




もちろん、音楽には休符という、静寂や、音が消えてることを音の一部として表現できる。




だから、簡単に連続、つながりと言ったけども、




音と音の距離、角度、数、種類、その選択は無限だ。



そしてどの音楽にも


はじまりがあって、終わりがある。






街のクラクションや雑踏、ましてや、何かが生きてるだけで、存在するだけでも、この世界には音が生まれる。



ゲーテという詩人はこんなことをいってた。



『花を与えるのは自然、編んで花輪にするのは芸術。』




この感覚が一番当てはまるかもしれない。






第2章バンドはなんで素晴らしいか



なぜバンドなのか?


バンドとは、


自分以外の人が必要だ。




普通ならばギターを弾く人は、手を左手と右手、それぞれ指が5本だ。弦が6本だから



同時に最高6個の音を同時に出せる選択肢がある。(たとえばね)



ベースも同じで弦が4つだから、最高4個か。



ドラムは足も入るから、4つぐらいまで(特殊な方法を除けば)同時に出せる。



ボーカルも特例を除けば1つだ。


サックスだったら、


ピアノだったら、


バイオリンだったら、



まあこの最大に出せる音の数や、


音の音色、音程を


選択肢の中で、



1人、1人が、その瞬間に選んだ、もしくは導かれたモノが出る。



そして、みんなリズムを持ち(弾かないのも、休符というりズムだ)、始まりから、やがてくる終わりにひとつづつ進む。



そう、音楽に住んでる音たちは、みんな自分の役割を一歩ずつ進むしかない。



自分の役割や宿命を一歩ずつ、一歩ずつ。




一緒に音を出すメンバーがいる分、



その人間の選択した結果が現象として増えることになる。



音を選択するとは、そいつが生きてきた人生の最先端の行動だと思う。



5人で合わせたなら、5人分の音があり、混ざり合いを描き、5人分の人生がそこにあり、音楽になる。



しかし、音楽の大事なことは、量ではない。人数が増えたら、いいわけではない。



絵でいうと、絵具の数や、筆の質が大切なのではないように、



結局、1人でやろうが、1000人でやろうが、


音楽は1個だ。




では

なぜ音に人生が出るのか?





ギターで話すとわかりやすいんだが、


ギターは持つひとによって、


全然音が違う。



種類も違うが、


たとえ同じギターでも音がまったく違う。



右手が利き手の場合、


左手で、音を選び、弦を抑え、


右手ではじく。




よく始めたばかりは、普段使わない左手で難しい形のFコードを抑えるのに、すごく苦労したり、


凄テクミュージシャンの左手の、


パラパラ動きまくり、いろんな音を抑える仕草に目がいきがちだが、



一番大切なのは、


奏でる右手。


ここで音の全てがきまる。



もう単純に、


ギターは


利き手が、音を奏でる手って決まってる時点で、結果なのだと思ってる。(それゆえの面白さは発生するが、)



なぜ利き手の右手がこっちで、左手が、おさえるほうか?




右手が大切な部分だから。




ようするに、


その右手で音が変わるのだ。(もちろん抑え方も音には関係するが、、、)


そいつの音に対するバランスが、右手で決まる。



そんな自分以外の他人が集まって、音を出せば、



バンドの音も、その人たちだけの音、そして音楽に繋がっていくのだ。




それじゃ、人生がつまってる、とは言い過ぎといわれるかもしれないので、もう1つ面白い話。




科学研究所みたいなところにて



アコースティックギターを演奏してもらって、



高性能なのかわからないが、独特なマイクで体中を囲み、


調べた。



当然一番音が大きいところは、ギターの穴の所(ピックアップ)


からだと思っていたら、



そうでもなかったらしい。



ギターの左手の先のヘッドも、


首の後ろも、


背中も、


足も、


たいして変わんなかったらしい。




多分だが、俺は勝手にギターやある種類の楽器は、



その人の密着してる骨や空間との響きも関係して、音が出てると思っている。



骨が共鳴に関係してるってことは、


血も内蔵も、全部関係していて、


結論、人生や生きてきた人間の全てが、音に出るってことだと思っている。




音程もドレミファソラシドとシャープ5個だけではなく、


厳密には、ドの単音の中にも、上下があるのだ。




そんな事を考えてたら、


一番


バンドで大切なことなのは、



おまえがおまえであること。


俺が俺であること。



おまえの他に、おまえは世界中どこにもいない。


俺の他に、俺は世界中どこにもいない。



それにつきるはずだ。



この真実の結果が音に、音楽に出るから





だから、バンドは面白い。






もうバンドっていうのは組んで、音を出しただけでも、この世に一つしかない奇跡だ。


客がとか、枚数とか以前の音楽を生み出す時の話で、


音楽を奏でるというのは、


奇跡によって、奇跡を生む作業だと思う。



見えないもの、


しっかり紡いで、


見えない美しいものをつくろうとする。



それで、たくさんの人に届けば、さらに奇跡だ。



俺は、もうこの2つ目の奇跡だけでも十分幸せだ。
[PR]
by emm_tjg | 2012-04-09 22:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/17798719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]