The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
ロックンロールは神の舌に触れる。【sampei】
今日は、先日行われたマスタリングを終えての事を僕なりに。

THE JOHN'S GUERRILLAの新作のマスタリングが終わり、ジャケットやPVは別として、「音」としては最後の仕上げを済ませ、ついに完成しました。

マスタリングしてもらった曲をスピーカーで確認しながら、

「ここのフレーズはこんなこと考えて創ったなぁ」

とか、

「この曲はこういうイメージで演奏したな」

とかを思いだしていました。

完成した事を本当に嬉しく思っています。

音源とライブ、果たしてどちらの方が大事なのだろうか?

なんて事を僕はたまに考えるのですが、もちろんそれはどちらも大切なもので、どちらかが欠けていても、バンドとしては2流だと思っています。

しかし、あえてどちらがと言うと、これは僕の考えですが、音源の方が大切だと思っています。

簡単な理由の一つとして

初めてTHE JOHN'S GUERRILLAというバンドに触れるキッカケになる可能性が高いから。

対バンしたバンド目当てでライブハウスにきて、たまたまライブを観たり、

名前だけ知っていてYouTube等で検索してライブ映像を観てもらえるのが初めてのキッカケという方もいらっしゃると思いますが、

店頭で気になって試聴してくれる方や、ライブ映像より先にPVを観てくれる方の方が多いのかなと僕は思っています。

もう一つの理由は、

「一生残るもの」

「自分が死んだとしても残るもの」

こんな事は考えたくはないけど、もしもいつかTHE JOHN'S GUERRILLAというバンドがなくなる事や、自分が死んでしまったとして、

あの時代の日本にはTHE JOHN'S GUERRILLAというバンドがいたのだという事を誰かが知った時に、これまた初めて触れるキッカケになる可能性が高いから。


そのバンドの音を聴いて、ジャケットを(ダウンロードとかでもジャケは出てきますしね)眺めて、

あぁ、きっとこんなバンドだったのだろうと想像したとする。

その時に、やはり音源が優れたもの、興奮を与えるものでなければ、

それ以上にそのバンドの事を調べたりする事はないと思います。

インターネットでの配信等で、昔と比べると、消費スピードが著しく速くなってしまった現代ですが、

媒体はどうであれ、一度作品として出したものはいつまでも受け継がれていってほしいなと思っています。




毎回マスタリングが終わった直後には、「こいつは最強だ!」「この一枚で何かが変わるんじゃないか⁉」と、かなり興奮して発売されるまでの緊張感を楽しんでいるのですが、それは今回もしかり!

マスタリング済みの音源を、最後にスタジオの巨大なスピーカーで聴かせてもらった時の感想、


PATTI SMITH流に言えばこんな感じですかね?



「最高の瞬間に触れようとする」

「神の舌に触れようとする」

※この神とは、生命の光の事のようです。



とにかく、ものすごく興奮しました。

少なくとも、僕はとても。

今回、エンジニアのヨウエイさんが注意してくれたのは、小さなスピーカーで聴いても優れて聴こえるもの。

スタジオの様な巨大なスピーカーを家に備えてる人なんてあまりいないし、僕の家にもそんなものはない。

家に帰って完成された音源を、自分の愛用している極々一般的なヘッドフォンとスピーカーで聴いてみた。

果たしてスタジオでの興奮は手に入るのか?




、、、何も心配する事はありませんでした。

発売がとてつもなく楽しみであります。

長くなりましたが、読んでくれた方々、ありがとうございます。

「神とコミュニケートしようとする、それはとても危険な領域だ」

by PATTI SMITH


[PR]
by emm_tjg | 2012-04-08 22:28 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/17793087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スナ at 2012-04-09 21:53 x
音源とライブ、わたし的には思いっきり別物です。
畳の上に仰向けになって各パートの音やリズムをじっくり味わえるのは音源が手元にあるからこそだし、逆にライブでは細かいことを考えずに音の激流にのまれたいし。
きっと聴き方、捉え方って千差万別でしょうね。
新作待ち遠しいです。
Commented by sampei at 2012-04-10 17:01 x
〉スナさん

コメントありがとうございます。
音源もライブもどちらも欠かせないもの。
僕はリアルタイムでは聴けなかったけど、解散してから好きになったバンド、それどころか自分が生まれる前の音楽に触れて、とても好きになったアーティストが沢山いたので、今回ブログで書いたような事を考えるようになりました。
新作がスナさんにとっての特別な一枚になりますように!!