The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
緊急事態?!                【Ryoji】
今だからこそ笑えるネタの1つとしてハッキリとお伝えできるのですが、先週末よりジョンズゲリラのメンバーに関する、ある心配でならない珍騒動が発生しておりました。それはなんと、、



「マツコップ死亡説」



が蔓延していたのです。笑
メンバーが知る最後の行動としては、2/11に友人であるPLASTICZOOMSのライヴを観にWOMBへ行ったようだ。後日プラズのメンバー、モリシゲに状況を聞くと、イベント終了後にメンバーと会話したのち「次の予定があるから。」っと珍しく足早に去っていってモリシゲからしても会話の中で数点、不可解なことがあったらしくその後も気になったようでした。
そんな翌日、昼間からジョンズゲリラのリハーサルがあるのに時間になっても彼はスタジオに来ない。それどころか連絡も来ないし繋がらない。結局彼は最後まで現れなかった。スタジオを遅れるときは謝罪のメールも届くし、何んだかんだで律儀な男なのでこんな事は珍しいなっと思っていた。
ただメンバーが唯一懸念していた点は、、彼は「酒に呑まれるタイプ」っという事と、あのガタイを持ちながら「根は繊細」ということだった。
普段からTwitterでもよくつぶやいているのに2/11以降ピタリと止まり音信不通な状態は3日続いていた。サンペイやモリシゲも何度も連絡していたらしいがまったく繋がらず、さすがにまさか。。。。っと思い周りの心配も増え続けていた頃だったので、あまりに心配になって家のトビラを叩きにいってみた。インターフォンはいくら鳴らしても(連打)出ず、庭にまわって部屋をのぞいても部屋は暗くてよく分からない。その後、モリシゲも心配してトビラを叩きに行ってくれたようだ。世間ではバレンタインムードだが頭の中では最悪な事態を想定しつつも、夜に改めて行ってみる。するとなんと部屋に明かりが!彼は生きていた。

あの日の夜、携帯を落としたらしく、かといって家にネット環境もなくツイートして皆に知らせる事が出来なかったようだ。タイミング悪く、そんな状況下で具合が悪くなり連日寝ていたらしい。トビラをどんどんと叩かれた時は向かいのキチガイが悪戯しているんじゃないのかと勘違いして、ベットの中で1人怯えていたそうです。笑
結果として現代のネットや電話の利便性を過信した勝手な騒動になってしまいましたが、いつ誰にでも起こりえる、みじかな事態だと思いますので、もしそんな事が自分にも起きたら、冷静になって身柄を確認してやってください。以上、失礼しましたー。



Ryoji

c0181418_23175340.jpg

[PR]
by emm_tjg | 2012-02-16 23:30 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/17479200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]