The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
優しい夜明
今年はシングルを二枚買ったのですが、
一枚はJUJUの「さよならの代わりに」と
この前、斉藤和義の「やさしくなりたい」を
購入しましたよ♪

共にPOPSを中心とした
歌メロ重視のアーティストさんですね。
JUJUは有線で流れてて
歌メロ、歌詞、曲の構成が
凄く良かったので購入しました。

発売から一週間程で、
着歌、ダウンロード共に
ミリオンという素晴らしい
快挙を成し遂げておりました。

斉藤和義さんの方は
何かCMで流れていたのを
(家政婦のミタだったような...)
聞いて、サビの歌詞の
メッセージ性に魅力を感じまして、
youtubeで曲を聴いたところ
とても素晴らしかったので
すぐ購入いたしました。

情熱大陸で和義さんの
ドキュメンタリー映像があがっており、
オケから歌、装飾音も
全て自分だけでRECしている
手法には私も圧巻致しました★

私も購入しておいて、
なんとも意外な組み合わせ
しかし、海外のアーティストと違い
リズムは単調にし、
歌メロや歌詞で勝負する
姿勢はとても勉強になります。

私実は歌謡曲とかPOPS好きなんですよね~^^




[PR]
by emm_tjg | 2011-12-13 16:52 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/17201177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]