The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
酔いしれ、感じろ
れおです。
今日は素直に書きたい。
私情が含まれるが、今日だけは素直に書かせてほしい。(長文になります)


ツアーみんなありがとうね。

本当に素敵な時間をたくさんの人々と共有できた事を、出逢えたことに感謝しています。
ツアーは、俺にとってはツライものだが、それでも感謝と喜びに本当に溢れています。

これからも素敵な時間を得るためにも、もっとCD売って、最高の音楽をプレイして、ツアーに行きたいと思ってます。
応募してくれる皆様ありがとうな。


そして、りょうじくんの日記にもあったが、

ツアー中に、レディオファンデーションのボーカルのケンマが亡くなった。

聞いた瞬間信じられなかったが、思い出と、あいつの歌声が溢れてきて涙が止まらなくなった。

ケンマとの出会いは、新宿ロフトでのイベントだった。


そこで、たくさんの話をした。


それまで、彼らは、クソみたいなバンドとしかタイバンしてなかったとか、



ストロークスが本当に大好きなんだとか、



ファッションがどんなにロックと結びついてるかとか…



ケンマの夢は、日本人初のグラストンベリーに出ることなんだとか…



ケンマは平気で、人の心の氷の壁を溶かすやつだ。

すぐに愛さずにはいられない友達?もしくは同士になった。



それからは、スタジオでお邪魔したり、



電話で近況はなしあったり、




ある夜には、
バニティーに出てるレディオファンデーション。客はみんななんとなく場違いな人たちの中、ジョンズメンバーでひやかしにいったりもした。


俺が初企画したレーベルセクシーに出てもらった。


俺は本当にケンマに愛されていたと思う。


5月には
ジョンズがデイジーバーでライブをブッキングすれば、レディオファンデーションもおなじ日にブッキングしてもらったりして、同じ月に同じ場所で2回やったりした。




5月のライブの時、
リハーサルが終わったあと、バッファロー3とケンマたちとジョンズで、カフェに入って話をした。


(メンバーが変わり)これからは、リアルなファンを作っていきたいんだ。リアルなロックには、リアルな場所で、リアルな奴ら(バンド)とやっていきたい。。



これからだったんじゃないのかよ、ケンマ




最後に会ったライブの時には、新曲をやったりしていて、お互いにほめあったりした(笑)。


毎月タイバンしようと話もした。



ジョンズゲリラは本当に愛されていたと思ってる。



デイジーバーで、ケンマはライブした翌日に亡くなったらしい。



体調悪く点滴をうけてライブをやりきり、
本人いわく本当に最高のライブが出来たらしい。



あいつは、他にいないくらい純粋だった。
純粋にロックを愛していた。


俺は、密かにおまえに憧れてたんだよ。




世の中には、うまく世界や自分を欺いて、ロックを歌うやつがいる。


自分や人生に責任をもたずに、ステージから逃げるやつがいる。


そんな奴らが人々にロックを供給して、
そして騙される人々がいる。



今日、葬式のあとケンマが最後に立ったデイジーバーにいって、みんなと弔い酒を飲んでる時に、独りふとベェニの歌詞ではないけど、


何がロックだ


という言葉と、

なんとも言い表せない
悔しさと怒りが溢れた。


本物のロックが日陰でいようと、

誰からも理解されなくても、

俺があいつの気持ちの分も本物のロックの美しさをこの身体尽きるまで、やり通してやろうと誓いました。


たまにはこっちにも遊びに来いよ、ケンマ
愛してるぞ




ピース
[PR]
by emm_tjg | 2009-07-16 04:59 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/11951804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]