The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
2009.06.30
c0181418_1525234.jpg




さーて、簡単なUSツアーの日記でも書くか!面倒だー。

まずな、ライヴの話

USでのライヴは、
機材やら環境がまったく違って、まるで東京でバンド活動を始めてライヴハウスデビューし、そこから四苦八苦していた頃を思い出させるような、足が地に着かない宙ぶらりんな状態から始まった。ようは集中力が分散してしまう現象に陥ってしまったのだ。。これはかなり個人的な感想だけど。

音楽はメンタルのコントロールが重要じゃんか。いかに悪い環境から持ち上げるかが力量や経験であったり、そこが逆にスリリングな楽しみでもあるかも知れないけどさ、最低のラインが東京とはまったく比にならない。

それと比べて東京のミュージシャンは恵まれてるよな。環境が整っている事は悪い事じゃないけど、ここならば何でもやってやれるんだぞ ってことを強く感じた

実を言うと今年に入って正直
どうもJohn's Guerrillaとして一本頭の抜けたライヴができず、実際壁にぶつかっていることを感じていた。

そんな解決へのヒントを得られた旅になった。
ああー早く日本でライヴがやりてーなー。良いライヴするから遊びきてくれ!!!!



話もどって、
そんな最悪な環境だったけど2本目、3本目とライヴをやっていくうちに大分慣れてきて“One More”って頂けるぐらいまでは立て直したよ。修行だなこれ


今回、出会ったたくさんの友とまたバーボンで素敵な乾杯をしたいな

また行くぞ、ジョンズゲリラ
今度はヨーロッパツアーだ





上の写真はViretta Parkにある不思議な木。
通称カートパーク。隣がKurt Cobainの家なんだ。終期をむかえたあの場所。
破壊的な男とは正反対の美しい和やかな場所だったな。
正反対とか書いたけどアーティストのみんななら分かるだろうけど、それが真実の鍵なんだよな。ふふふ

あー、ブログはめんどくさいなー



Ryoji
[PR]
by emm_tjg | 2009-06-30 01:55 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/11850535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]