The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
活動日記
c0181418_13254521.jpg

ヤッホー

最近脱インターネットを試みていたれおです。

日記も何も更新しなかったのは、ネット社会によくある、様々な界隈の必要ない情報に疲れてしまい、とりあえず中止しました。

パソコンぶっ壊してやろうかと思いましたが、歌詞のデータやらあるので、今はとどめています(字が汚い自分が不甲斐ない)。

けど、まぁなんとか落ち着いてきた近頃なので、今日は活動日記でも書きます(携帯から)。



まず、次のアルバム用の曲とシングルもしくはEP用の曲を全部書き終わりました。

なのでバンドのスタジオでも密かにずっーと新曲ばかり作って増やしています。
今は全体の半分くらい終わって、メラメラ燃えています。


なので夏にある1stアルバムのミニツアー終わったら、小出ししていくかもしれません。


あとは、写真も貼りましたが、水曜日に



Don't get down bitchのpvを撮ってきました。


ずっーと、僕がやりたかったSMをテーマにした作品をみんなに迷惑かけながらも無理矢理撮ってもらいました♪

会社やスタッフも含めてですが、本当に色々な人に助けてもらい、なんとか無茶苦茶な事件を多数乗り越えて(未解決事件も多数)、


バタイユや、マルキ・ド・サド侯爵が描いた様な僕の心を掴んで離さない美しい光景がしっかり撮れたと思います。

あとは皆さんがよく知ってる有福先生やら、マニ先生のウルトラな活躍に期待するしか無いですな!!


俺は世界を見返してやりたいんだよー!!


とかいいつつも、映像が猥褻すぎて放送禁止になったら笑えるな!!

まぁそれはそれで、あたしの生きる道ですわ。



最後にアメリカツアーの話。

6月8日から行ってきます。

まぁ期間はそんな長くないけど、

一週間で4回ぐらいライブやるらしいから、
まぁ現状では最高の経験になると思う。


15歳の時からの夢だったから、小さいながら叶えられそうで嬉しいんだな。

当時友達に、
「俺は世界でいつかやるんだい!アメリカでも活躍する様なアーティストになる!」

って、ほざいてたら、友達は苦笑いしながら、
「れおなら大丈夫だよ」

と言っていましたね。


なんとか、少しずつ叶えていますよ。少年イマムラにも間違ってないよ、と言ってやりたいわね。


友達に語った夢で、いつかサマソニのメインステージに出ると宣言した事もあったので、
そいつもいつか叶えてやりたいなぁ。



まぁ戦い続ければ何でも叶うから大丈夫だな!!



豚インフルエンザには気をつけますよ!
死ぬ気が今回はしないから無事帰ってきたら、またライブで会いましょう。



ピース
[PR]
by emm_tjg | 2009-05-31 13:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/11652787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]