The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
09.01.07
c0181418_2227985.jpg
p1/東照宮

行き急ぐスリルドライバーにつれられ日光東照宮へいってきたのだが。。。

彼は昔から行く所々でかなりの高確率で何かしらの
不幸な障子を起こす世田谷1のトラヴルメーカーである

この日も何か起きるのだろうとは薄々感じていたが
やはり事件は高速道路でおきた。


彼の所有する知る人ぞ知る80's 海外ドラマ
「ナイトライダー」さながらの黒光りスポーツカーでの走行中のこと

何を思いついたか高速道路のETCゲート手前でアクセルを踏み切り車体は急加速

ふとスピードメーターに目をやると80km Over!!!!!
そのままゲートへ侵入!!!!!



突然のできごとに言葉を失っていた僕は


「あぁ。終わった。。。
  莫大な修理費は払わんからな。」


と心の声でなげきながらも
現実的なこの後の事故処理を考えてしまう。



見積もりまで出していたら国宝級なのだが
彼の悪運っぷりはすさまじく

きわめて車高が低いスポーツカーだけに

なんと、なんと。
ETCのバーの下をスレスレでかわしたのである!

いやーほんとお前はすごいよ。笑




さっきTVの雑学番組で
高速道路でのETCバーへの接触事故の対策として
0.5秒ゲートが開くのを遅らせることにより

健全なドライバーならば
「は、、ぶつかるーーッ!!スピードを落とさなくては。。。」

っといった感じで
心理的効果を与えて、実際に接触事故が少なくなった!!!よかったばい!

みたいな話をやっていた。


どうらや健全なドライバーのみに通じる対策ということが実証されました。


Ryoji
[PR]
by emm_tjg | 2009-01-07 22:31 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/10540394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]