The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
ミニストップ
c0181418_535148.jpg

ヤッホー。
ヘイホー、ヘイ!!
今村だよ。

昨日今日と来てくれたみんなありがとう。
無事帰れてるかしら??

昨日はライヴ後みんながスヌーザーに顔だして、

談笑してるなか、

今村は、急にリアルゲットー兄ちゃん(ストリート40歳)たちに呼ばれ、

12時から5時間までスタジオ入ってました。

だってさ、
日曜の今日急遽本番が決まったんだもん。

まるで、日雇い労働者の集合場所で、責任者が、

「きみ、はい、きみも、きみも、、はい、きみも、、え~、、そっちのとなりのひとも、、、ううん、きみじゃなくて、、、はい、きみも、、、よし、さぁ今から本日の現場で働いてもらうので、バスに乗ってくださ~い。。」


的な、ライヴとメンバーの決まり方です。


うん、音楽でもゲットーですね。

けど、スタジオで普段歌わない様なボブマーリィやら、ブルースやら、ファンクやらをセッションすると本当に興奮するのよ?


てなわけで、親愛なるブルースを親愛なる人たちと高田馬場ローンスターカフェでやります。

時間は太陽が上ってる時という情報以外は知りません。

曲は、即興で作ったブギーと、
リトルレッドルースターと、
カムトゥゲザーと、
ドクターフィールグッドの何かと、
ボブマーリィのゲットアップスタンダップをやります。

気になったら、ウパパ族の映像戦士
(髪型が最近プライマルのボビーに似てきたア・リ・フ・ク(笑))
に、聞いてみればライヴの模様を見せてもらえるでしょう。

以上明日のライヴ報告でした。

ピース
[PR]
by emm_tjg | 2008-12-28 05:03 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/10444512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]