The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
黒の逆襲
c0181418_342866.jpg

やぁ!
初めてエキサイトブログ投稿する今村です。
お待たせしました。
そして、よろしくお願いします。


昨日は、下北沢でライヴやってきました。

ライヴ後には、スタッフ(みんなご存知のウーパーカメラ族)と抜けて青山のファキンロイヤルなパーティーに行き、
友達と狂ってました。

思わず、「あっ、ドンだ!(ドン小西)」とすれ違い様に酔った私が呟いたら、
私の後ろに続くウーパー族はおもいっきり睨まれ、
臨戦態勢に入ってました。

悪い事をしたな!!愛すべき野人たちよ!


んで、
下北沢に戻り、
ピルズエンパイアやブライアンと飲んできました。

主にピルズのナオヤくんと話してて、

なんかゲイパーティーで、ツーマンやろうって話した事しか覚えてないんだけど、

確か内容が、フロントマンはみんな上半身裸は必須。
ウーパー族の族長(カメラマンのサザエさん)は、筋肉隆々のゲイだらけの客の最前で、ふんどしをつけてカメラを撮らなければならなくて、
数々の出演リスクから考えて、イベントのエントランスが6000円に決まり、

結局ついたイベント名候補その1が、






「男苦(ダンク)」




バカだねぇ~(笑)。
なにがダンクだよバカ(笑)!



そして、
候補その2のイベント名が、






「美-男汗(びーだっしゅ)」






はぁ~、バカ過ぎですね(笑)。

あなたはどちらのイベント名がお好きですか??





ピース。
[PR]
by emm_tjg | 2008-12-24 03:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://thejohns.exblog.jp/tb/10411785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]