The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
武器はこれだけでいい【Junichi Kamegaya】
先日の路上戦争が終わって、あっという間に一週間以上が過ぎました。

あの日は、午前中から会場入りをして、リハーサルをやって、夕方16時に路上戦争が開始され、僕達THE JOHN'S GUERRILLAが演奏を始めたのが23時過ぎでした。

(本当に遅い時間までありがとうございました。皆さん、終電は大丈夫でしたか?特に遠くから遊びに来て頂いた皆さん、無事に帰宅できたのか心配です。)

充実していて、とても長い一日、でも、一週間ともなると、本当にあっという間。

こんな事を考えると、自分がおじいちゃんになったときも、人生あっという間だったな。

なんて事を思ってしまうかもしれない。

たまに僕は、もし自分が音楽をやっていなかったら、どれくらいの人達に会う事ができないで、この歳になっていたんだろう?

なんて事を考えます。

以前、友人に今みたいな事を言ったら、「音楽を始めた事によって失ったものもあるかも知れないよ。」
と言われました。

確かに、別の生き方をしていたら会う事ができた人、手に入れる事ができたもの、見る事ができた景色。

それもたくさんあるのかも知れません。

でも、自分の人生に限った事を言うのなら、僕は絶対に、音楽を始めた事によって手に入れたものの方が多いと思っています。

それぐらい、今、自分の周りを囲んでくれている人達や、環境は、僕にとってかけがえのないものだと思っています。

今、自分の周りを囲んでくれている人達に出会えない人生なんて、本当に想像ができないのです。

何かを始めるときって、切っ掛けは些細な事かも知れませんが、続ければ続けるほど、その何かを続けている意味が増えてくると思っていて、いつしかそれは、その人という一人の人間を創り上げている要素に欠かせないものになっていると思うんです。

その何かが、いつその人にとって欠かせないものになるかは、人それぞれだと思っていて、始めた瞬間に

「これが俺の求めていたものだ!」

なんて、相性バッチリの何かと出会う事ができる幸運な人もいるかも知れない。

でも僕は、そんな器用で、ラッキーなタイプの人間ではなかったので、自分でそう思えるまでに時間がかかりました。

今だって、ライブ前には凄く緊張しますし、緊張の余り、自分は、ステージに上がるべきタイプの人間ではないんじゃないか?

なんて、たまに臆病になってしまう事があります。

でも、今の自分が自分であるために必要な事を考えると、やっぱり、ドラム、そして、THE JOHN'S GUERRILLAというバンドは欠かせないものになっているのです。

覚悟を決めた分、自分の可能性も広がっていく、そう信じています。


音楽に限った話ではないですけど、もしもその「何か」を、何らかの事情で、辞めてしまう事があったとしても、完全に辞めてしまおう。二度とやる事はないだろう。
と、自分で決めつける事は、本当に勿体無い事だと思っていて、もしもまたそれを求めるときがきて、再開する環境が整ったのなら、少しずつでもいいから、また自分に素直に再開して欲しいなと思うのです。

一度離れてしまったとしても、その「何か」が、今の自分を創りあげているものの一部であるのは、紛れもない事実なのだから。

何かを始めるにしたって、自分には無理だなって、決めつけたり、今更始めるのは遅いかな?なんて思うのも、本当に勿体無い事だと思っていて、いつ、どのタイミングで、それがその人という人間の欠かせないものになるかなんて、誰にもわからないと思うのです。


だいぶ前にブログでも紹介した事のある言葉なのですが、僕がいつも大変だな、と思って、自分に負けそうなときに思い出している言葉があります。


PATTI SMITHの

「現在こそ私の黄金時代だ。」

という言葉です。


「私達はエデンの園や古代に生きているのではない。黄金時代とは、自分達が生きている時代である。私達は現在を生きている、私に与えられたチャンスは現在にしかない。現在こそ私の黄金時代だ。」


今、日本、世界で起こっている事、余りに規模の大きな問題に、たまに本当に不安になって、眠れなくなってしまうようなときもあります。


でも、だからといって、日々に絶望したり、日々の楽しみ、大切な人達との楽しい時間、自分の本当に求めているもの、憧れている景色、そんなものを諦めたり、捨てる必要なんてまったくない。

先の事はわからない、もしも今夜、寝て、起きて、また明日、同じ様な朝を迎えられる保障なんて、どこにもない。

大切なのは、今日一日を疎かにしない事、今日という自分の一日を恥じないように生きていく事。




楽しく生きたって、つまらなそうに生きたって、一生懸命生きたって、ダラダラと怠けて生きたって、人生は一度きり。

良い時代も悪い時代もない、自分は今、現在を生きているだけだ。

自分に与えられたチャンスは現在にしかない。

10/6の路上戦争で確信した。

現在こそ俺達の黄金時代だ。

(長くなりましたが、読んで頂いた皆さん、ありがとうございます。)
c0181418_2054311.jpg

[PR]
by emm_tjg | 2013-10-16 20:10 | Trackback | Comments(0)
27クラブ【Junichi Kamegaya】
先日、うちに遊びに来た母が、僕のパソコンの壁紙を見て、「素敵ね。」と言ってくれた。

ありがとう。

これは、THE JOHN'S GUERRILLAでシアトルにライブに行ったときに撮影した、カート・コバーンの家の側にある公園(ヴィレッタパーク)のベンチです。

世界中のカート、NIRVANAのファンが、シアトルに来たらこのベンチにメッセージを残していっているんだ。

明日、10/6の路上戦争vol.2が誕生日の前日という事で、この日を最後に、僕はカート・コバーンより長生きする事になる。

そういえば、22歳になるときも、シド・ヴィシャスより長生きしたな、なんて事を思った。

最近、昔からの憧れである方々のライブを観る機会にたくさん恵まれたのですが、

その中でも、特に感動してしまったのは、黒夢のライブでした。
(この時代に黒夢を観れる奇跡に興奮して、ワンマンも氣志團万博も行ってしまった。)

清春さん、もうすぐ45歳になるのですが、本当に、昔の勢いに劣らない、いや、むしろ益々カッコ良くなっているんじゃないか⁈

という、素晴らしいステージでした。
(人時さんのベースプレイが観れたのも感動だー!!!!)

10年以上前から憧れているミュージシャンに、今でも現在進行形で感動させられるなんて、本当に凄い事だと思うんです。

いくつになっても、そのときの自分の魅せ方を追求していく生き方、本当にリスペクトです。



以前、母が、御茶を習っている先生に、「何かを学ぶ事は、歳をとる事を恐れなくなりますよ」
と、言われた事があるらしいのです。

人が時の流れを恐くなる瞬間って、

自分が立ち止まってしまっている気がする。

でも、時間は待ってくれなくて、置いてけぼりにされている気がする。

そんな感覚に陥るときだと僕は思っているのですが、この御茶の先生の言葉に、なるほどな、と、共感してしまいました。

学ぶというのは、何も、机に向かって知識を増やしたり、技術を磨く事だけだとは思っていなくて、自分にとっての新しい経験は、全て「学ぶ」という事だと思うのです。

自分の価値観というか、自分の求めているもの、自分にとって本当に大切な事を理解する事ができれば、学ぶ材料、学ぶタイミングなんて、そこら中に落ちていると思う。

色々な人と会って、色々な話を聞くのも、貴重な経験だ。

常に新しい経験、刺激を求め、昨日よりも今日、今日よりも明日。

自分にとっての新しい世界をもっと見る為、常に自分のピークを更新していく様な生き方。

なかなか難しく、ただの理想かも知れませんが、そんな生き方を心掛けていきたいな、と思っています。



最近、大好きだったバンドの解散が決まったり、憧れの場所であり、沢山の感動をもらったライブハウスが閉店する事になったりと、時の流れを感じるショックなニュースを立て続けに聞いた。

あのバンドと対バンした楽しい思い出、たくさんあるんだよな。

THE JOHN'S GUERRILLAの5人で、あの場所で演奏する事は、難しくなっちまったかな?



でも、たまに懐かしむ事はあるかも知れないけど、昔に戻りたいなんて事は思わない。

あの頃は良かったとか、あの頃に戻りたいなんて台詞は、カッコ悪い言葉だと思うんだ。



10/6の路上戦争vol.2。


カート、ヘンドリックス、ジム・モリソン、ブライアン・ジョーンズ、ジャニスと同じ歳でいられる最後の日。

思いっきり楽しむしかない。

時間と仲良くやっていくには、自分が先に進むしかないのだ。

自分にとっての最高の瞬間、きっとこの日に更新される気がするんです。

(長くなりましたが、読んで頂いた皆さん、ありがとうございます。)

c0181418_11595548.jpg

[PR]
by emm_tjg | 2013-10-05 12:16 | Trackback | Comments(0)